川場温泉 悠湯里庵
f0142232_23381595.jpg


かなり昔の話題になってしまいました。
群馬県は川場温泉の話題にようやく戻ります。
どれくらい前かというと、桜の咲きっぷりでご想像ください(爆)

泊まったところは悠湯里庵(ゆとりあん、と読みます)というかやぶき屋根のとても大きなところ。

いやはや、ここが来てみてビックリの凄いところでした。





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

かやぶき屋根ってだけなら、これまでも過ごしたことはありますが、
コイツはスケールが違います。
ここにある七棟のかやぶき家屋は全国の由緒あるかやぶき屋敷・民家を長い年月をかけて丁寧に移築したもの。
最も古いかやぶき家屋では、三百年以上前の柱を使っているんだそうです。
f0142232_2338307.jpg


施設が広いので、こんな感じのカートで自由に移動できます。
マニュアル操作にすると本当に好きに運転できちゃうんですけど ^ ^;
f0142232_23384812.jpg


エントランス、廊下、喫煙所、部屋などいたるところに胡蝶蘭が飾ってあります。
これがなぜかは不明ですが、良くイタズラされないもんだ ^ ^;;
ちなみにたまに花びらが落ちていたので本物でしょう。
f0142232_2339352.jpg


館内にあるプチ博物館みたいなところ。
f0142232_23391741.jpg


これだけでも価値がありますのー
f0142232_23392392.jpg


いやはや、珍しいことだらけで全部は紹介しきれない宿ですが、部屋や食事くらいは紹介していきますね。
f0142232_23392841.jpg

[PR]
by papa55amg | 2010-06-06 23:51 | 旅行
<< 川場温泉 悠湯里庵(部屋) 秩父の食文化 >>