人気ブログランキング |
タグ:EOS 5D MarkⅡ ( 269 ) タグの人気記事
トマムの出会い
f0142232_23574810.jpg


トマムって初めて来た。
この巨大リゾートホテルはクチコミではいろいろと言われているけど
ボクにとってはハートを感じる頑張ってるイイところだった。
絶対オススメ。

食の出会いで美味しかったのはこのトマト。えかったのぉー

出会いの続き
by papa55amg | 2011-08-04 00:31 | 旅行
トマム 水の教会
f0142232_234711.jpg


トマムにある水の教会を見てきました。
BOAのメリクリのPVにも出てくる美しい教会ですが。。。

正直言うとWebで見ていたときにはそれほどまでに期待はしてませんでした。

実物を見て、最初に絶句、次にため息、
本物は素晴らしい空気感でした。

有名デザイナーの作品とのことで、一見の価値あります。

※旅の目的その6でした~
by papa55amg | 2011-08-03 00:04 | 旅行
花畑牧場
f0142232_23411155.jpg


北海道は帯広に移ります♪
実はここ、初めて来ました。
いろんな意味で綺麗に整備されているところでした。

お出迎え
by papa55amg | 2011-08-01 00:01 | 旅行
富良野 とみ川
f0142232_23515489.jpg

北の国からで知られる富良野 麓郷にある有名店。
ここのおススメの石臼挽き中華そばを食べました。

スープはかなり旨みのある醤油味。
麺が非常に美味しく、日本蕎麦のようなイメージ。
具の味玉も非常にグッド♪
地産地消、自家製麺、無化調を歌ってますが、
まさに職人技との衝撃的な出会いです。

これを食べるためにここに来る価値は十分にあると思いました♪

もういっちょ帯広で
by papa55amg | 2011-07-31 00:03 | 旅行
蕎麦の畑
f0142232_0281920.jpg


今回の旅の目的・・・

その1 見頃のラベンダー(博打)
その2 フラノ賓亭留
その3 青い池(博打)
その4 蕎麦の畑
その5 まだ内緒(博打)
その6 まだ内緒
その7 まだ内緒(超博打)

7つあるうちの4つは出会えるかどうかが博打みたいな確率なんですが、これは確実視していたものの一つ。
でも、それくらい見たいものの一つでした。
本当は新得そばロードっていうところで見ようと思ってましたが、
美瑛で大規模な畑を見れて満足です♪

その後、新得には行く時間が無く、ここが最初で最後のチャンスでした(汗汗)

こんなものからお蕎麦を作れると考えた人って凄いなぁ。。。
by papa55amg | 2011-07-29 00:36 | 旅行
青い池
f0142232_231783.jpg


人気の青い池に初めて行ってきました。
前日まで蝦夷梅雨とも言える雨。
当日も曇りのところを強引に晴れ間を出せました(爆)
ってことで、この白濁の美しい青い池でしたが、本来は白濁じゃないのかしら??
でも綺麗な状態で見れて、晴れオトコに感謝します(●^o^●)
幻想的な池でした。

住所が美瑛町なので勘違いしてたのですが、富良野からも近いです。

この同じ日、なんと近隣の旭川で玉置さんと青田さんが披露宴を(@o@)
by papa55amg | 2011-07-28 00:17 | 旅行
ばぁ その2
f0142232_041220.jpg


その名も「婆の反抗期x5」。
反抗期の婆さんが5体ほどいらっしゃいました ^ ^;

いけね、手前のタイトルにフォーカス当てたら肝心の婆さんがボケ領域になっちまった。。。
by papa55amg | 2011-07-27 00:08 | 旅行
ばぁ
f0142232_2354883.jpg


皆さんにとってBARってどんな場所ですか?

いろんな楽しみ方があるとは思うんですが、
ボクにとっては日常と違う時間、空間を過ごす場所。

さて、ばぁってなんだろう?
by papa55amg | 2011-07-26 00:01 | 旅行
ぢょりーん
f0142232_23234433.jpg


殿さんにフッていただいた話題がとても気になってしまって閑話休題です。
ボクは昔オリビア・ニュートン・ジョンが大好きで、今でも時折歌を口ずさんでいたりします。

実はこの旅でも頭から離れない曲があったんですよね~

旅行中に頭から離れない2曲
by papa55amg | 2011-07-25 00:01 | 旅行
フラノ寶亭留
f0142232_6305012.jpg


今回の旅の目的その2がこのフラノ寶亭留です。
ボクは宿泊場所を目的にすることはほとんどありませんが、ここだけは別格で一生懸命予約しちゃいます。

緑でいっぱいの3万坪の敷地に対して客室数は25だけ。
豪華というわけでは無いんですけれど、余裕というのがどんなものか体感できます。
ラベンダーの庭も森林も、そして温泉もほぼ独占状態です。。

冷蔵庫やバーは一部の高額な酒を除いて全てフリー(これは結構ヤバいんだが)
特にバーテンダーがシャカシャカして作ってくれるカクテルはオールフリーです。
そして何より野菜の味を大切にしたフレンチが嬉しい。。

仕事をいっぱいして疲れた自分へのご褒美だと思って来てます。

ということで、本日はそのフレンチ・ディナーのご紹介を。。

ディナーっす
by papa55amg | 2011-07-24 07:06 | 旅行